B1東地区の仙台の入場者数は、ホーム6戦を終えて1試合平均2764人で、bjリーグの昨季レギュラーシーズンの2215人を549人上回った。昨季ホーム6戦終了時点(平均2590人)と比べると、174人増。

 北海道とのホーム開幕カード2試合では平均4146人を集客。無料招待者はbj時代より減らしており、2連戦では球団過去最高の入場料収入を記録した。

 シーズン目標の平均3300人には届いていないが、元NBA選手の田臥(秋田・能代工高出)がいる栃木戦など、球団は今後の注目カードで上積みしたいという。

 スポンサーは現在、83社で昨季比5社増。ユニホーム広告は開幕時点で、胸中央と背中中央のメーン部...    
<記事全文を読む>