【北広島】バスケットボール男子プロリーグBリーグ1部(B1)、レバンガ北海道の折茂武彦選手(46)の講演会「夢に向かって」(北広島商工会主催)が10日、芸術文化ホールで開かれた。市民約80人が挑戦し続ける大切さを学んだ。

 折茂選手はレバンガ北海道の運営会社の代表を兼ねるリーグ最年長選手。講演で「僕は選手としての能力で秀でるものが無かったため、常に考えて工夫し、実行することを心掛けてきた」と強調。「成功の反対は失敗ではない。失敗や挫折をして、次にどうするか考えることが人を成長させる」と訴えた。

 また、バスケットボールをプレーする子供たちに対し、身長173センチの田臥勇太選手(栃木)や、1...    
<記事全文を読む>