バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)のレバンガ北海道は9日、けがで離脱しているブライアン・フィッツパトリック(27)との契約を解除したと発表した。

 今季新加入したフィッツパトリックは、10月14日の栃木戦で左ふくらはぎの筋膜を損傷。クラブによると長引いている治療期間を考慮し、双方とも契約解除に合意したという。今季は8試合で53得点、38リバウンドにとどまっていた。

 リーグ規定は「外国籍選手および帰化選手の登録は1クラブ合計3人以内」となっている。フィッツパトリックの退団により枠が一つ空くため、クラブは新たな外国籍選手の獲得を模索している。

 10選手で今季をスタートしたチームは序盤か...    
<記事全文を読む>