バスケットボールBリーグ1部は6日、9試合を行い、東地区5位のレバンガ北海道は、ブレックスアリーナ宇都宮で首位の栃木に67―92で逆転負けし、今季3度目の2連敗。第1クオーターは桜井が5得点4アシストと活躍し、14点をリードした。その後はロシターを中心に攻める栃木に追撃され、第3クオーター序盤に40―39から連続16失点を喫し、流れを手放した。

 レバンガは次戦、19、20日に帯広市総合体育館でA東京と対戦する。

...    
<記事全文を読む>