仙台の守備が機能していない。千葉の5選手に2桁得点を許し85失点。今季、80点以上挙げたことのないチームには重過ぎた。

 前日露呈した守備の連動不足は、1日では修正できなかった。さらに、前日35得点の富樫をマークしていた仙台は、千葉が複数の選手にボールを散らして攻めてきたことで、「どこを抑えればいいのかパニックになった」(間橋監督)。

 的を絞った守りができなかったため、3点シュートを23本中10本沈められた上、要所ではオフェンスリバウンドから得点につなげられるなど、内外両面から攻撃の起点をつくられた。ネパウエは「助け合う守備ができなかった」と悔しがった。

 前半は35失点で踏ん張り、第3ク...    
<記事全文を読む>