バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)は6日、各地で第7節が行われた。中地区5位の信州ブレイブウォリアーズは千曲市戸倉体育館で同3位のアースフレンズ東京Zと戦い、89―63で雪辱した。通算成績を5勝9敗としたが、順位は5位のまま変わらなかった。

 信州は第1クオーター(Q)にシャノンの活躍などで5点をリード。第2Qではボイキンやカーターが得点を重ね、前半を42―34で折り返した。第3Qは相手の攻撃を12点に抑える一方、古橋、上杉らの3点シュートも決まり、24得点。リードを20点まで広げ、第4Qも攻撃の手を緩めなかった。

 信州の次戦は18日。午後7時半から板橋区立小豆沢体育館で東京エクセ...    
<記事全文を読む>