プロバスケットボールBリーグ1部は6日、各地で第7節9試合を行った。東地区首位の栃木ブレックスは同地区5位の北海道と対戦、92-67と前日に続いて大勝した。通算成績は12勝2敗。4連勝で首位を堅持した。

 ブレックスは第1クオーター、相手の積極的な攻撃に苦戦。次々と失点すると、攻撃でも精細を欠き、10-24と相手にリードを許した。しかし、第2クオーターからオフェンスリバウンドを効果的に取れるようになり、ライアン・ロシターが同クオーターだけで14得点。37-38と1点差まで詰めた。

 第3クオーター開始直後にロシターのシュートで逆転すると、遠藤祐亮(えんどうゆうすけ)の3点シュートや田臥勇太...    
<記事全文を読む>