第12回全日本社会人バスケットボール選手権は5、6日、岡山市のジップアリーナ岡山で行われ、県勢女子の鶴屋百貨店(実業団1位)が決勝で滋賀銀行(同3位)を81-70で破り、11年ぶり2度目の頂点に立った。

 鶴屋は決勝で、9月の全日本実業団準決勝で勝った滋賀銀行に対し、第1クオーターを落合千里の3点シュートなどアウトサイドからの攻めを中心に展開し、21-16とリードした。第2クオーターは厳しい守備に遭い、25-26と逆転を許す場面があったが、落合の連続3点ゴールや米村知紗の得点で突き放して39-32で折り返した。

 後半に入ると、再び反撃されて残り8分で61-64とリードされた。しかし田中愛...    
<記事全文を読む>