プロバスケットボールBリーグ1部は5日、各地で第7節8試合を行った。東地区首位の栃木ブレックスは同地区5位の北海道と対戦、92-60で大勝した。3連勝で通算成績は11勝2敗。

 ブレックスは第1クオーター中盤まで相手の守備に手を焼いたが、渡辺裕規(わたなべひろのり)の2本の3点シュートと須田侑太郎(すだゆうたろう)のジャンプシュートなどでこのクオーターを21-12とリードした。

 17点差で折り返した第3クオーターは守備の引き渡しミスなどで一時8点差まで詰め寄られたが、遠藤祐亮(えんどうゆうすけ)の3点シュートやジェフ・ギブスのゴール下などで持ちこたえた。終始好守で激しいプレーを展開し、第...    
<記事全文を読む>