バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)は5日、各地で第7節が行われた。前節まで中地区5位の信州ブレイブウォリアーズは千曲市戸倉体育館で同3位のアースフレンズ東京Zと戦い、61―79で敗れた。連勝は2でストップし、通算成績は4勝9敗。順位は変わらず5位のまま。

 信州は第1クオーター(Q)に連続失点から8点のリードを奪われたが、第2Qはカーターやシャノンらの得点で一時逆転。27―28と僅差の展開で前半を折り返した。

 しかし互いに5ファウルに達した第3Qに、東京Zにフリースローや3点シュートを決められ39―60とリードされた。第4Qで点差を縮めたが、届かなかった。

 信州は6日午後2時から千...    
<記事全文を読む>