聴覚障害者が出場する第3回アジア太平洋デフバスケットボールクラブ選手権大会が7~10日、福岡県の春日市総合スポーツセンターで開かれる。日本では初開催。福岡実行委員会事務局長の山崎志乃さん(35)=由布市出身=と夫で渉外担当の敬祐さん(36)が周知に力を入れており、「選手は努力を重ねているが、競技はあまり知られていない。広く知ってもらい、支援に結び付けば」と話している。

 大会には各地域の予選を勝ち抜いたクラブチームが参加する。男子は4カ国5チーム、女子は2カ国3チームが参戦。敬祐さんがヘッドコーチを務め、大分市出身の2人が加盟する男子チームの福岡エンペラーズも出場する。

 デフバスケは通常...    
<記事全文を読む>