バスケットボール男子、B1東地区3位の仙台は5、6の両日、仙台市のゼビオアリーナ仙台で、千葉(東地区4位)と戦う。4日は仙台市のHALEOドームで約1時間半、調整した。

 ハーフコートで対戦形式のメニューをこなした。ネパウエが力強くゴール下に入り込み、豪快なダンクを次々と決めていた。

 仙台は千葉と1勝1敗。ここまで1試合平均67.6得点の仙台に対し、千葉は74.8得点。相手ガード富樫に対して前線から体を寄せ、得意の3点シュートを防ぎたい。

 間橋監督は「千葉の攻撃力を考えると、60点くらいに抑えるのは相当難しい。(仙台も)普段以上に点を取る必要がある」と話した。◎208cmネパウエ自信「フ...    
<記事全文を読む>