バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の岩手ビッグブルズの応援大使に就任した元NBAの伝説的スター選手クライド・ドレクスラー氏(54)が3、4の両日、特別コーチとして初めてチームを指導した。

 4日の練習は盛岡市の県営体育館で行われ、ドレクスラー氏はNBA当時在籍したトレイルブレイザーズ、ロケッツ両チームで永久欠番となった背番号22のトレーナーを着て登場。

 選手のパス回しやドリブル、リバウンドなどをつぶさに見守る一方、コートにも立ち、ジェスチャーを交え「簡単にレイアップを打たせるな」などとアドバイスした。

 ドレクスラー氏はチームの印象を「すごいポテンシャル。若い選手が多く、未来に向かっ...    
<記事全文を読む>