Bリーグの今季ここまでの成績を見る限り、リーグ統一後の力関係は、旧NBLが旧bjリーグにまさっていると言わざるを得ない状況だ。

 しかし旧bjチームの中では、われらが琉球キングスは、中地区の三遠フェニックスと並んでかなり善戦しているというべきだろう。

 いや、10月22日の試合を見て、琉球キングスはすでにBリーグの優勝候補とさえ言えるのではないか、と思ったファンも少なからずいたのではないだろうか。

 なにしろ西地区首位をひた走る名古屋ダイヤモンドドルフィンズと堂々と渡り合い、71-58で快勝したのである。

 名古屋の7連勝を阻止し、キングスは1ゲーム差の3位(2位の三河と同率)と食い下がったの...    
<記事全文を読む>