サッカーの全国地域チャンピオンズリーグは26日、千葉県市原市のゼットエーオリプリスタジアムで決勝ラウンド第2節2試合があり、FC今治(愛媛)がヴィアティン三重に3―0で勝って2連勝し、2位以内を確定させるとともにいち早く来季のJFL昇格も決めた。

 残る1試合は鈴鹿アンリミテッドFCが三菱水島FC(岡山)を3―0で下して1勝1敗とし、FC今治に次ぐ暫定2位でヴィアティン三重と並んだ。JFL昇格の最後の1枠は、最終節の鈴鹿アンリミテッドとヴィアティン三重の対戦結果で決まる。

 ヴィアティン三重は今月中旬の1次ラウンドで3―0で下した今治に0―3で敗れた。エースFW藤牧祥吾らが厳しいマークに遭...    
<記事全文を読む>