日本フットボールリーグ(JFL)昇格を目指すFC今治(愛媛)は25~27日、千葉県市原市のゼットエー・オリプリスタジアムで全国地域チャンピオンズリーグ(CL)の決勝ラウンドに初めて臨む。4チームによるリーグ戦で2位以内に入れば昇格できる。金井主将は「関わってきた人に感謝してピッチで結果を残す」と意気込んでいる。

 決勝ラウンドは、3組に分かれて行った1次ラウンドでそれぞれ1位通過した3チームと、2位通過のうち最も成績の良かった1チームが出場する。FC今治は1次ラウンドAグループで2位だったが勝ち点6、得失点差8で出場枠を勝ち取った。

 決勝ラウンドの対戦相手は、ヴィアティン三重(全国社会人...    
<記事全文を読む>