小学生プレーヤーたちが県の頂点を目指す「第45回県少年サッカー選手権大会」(県サッカー協会、下野新聞社、栃木放送主催)は19日、県グリーンスタジアムで熱戦の火ぶたが切られる。

 選手権の部に出場する176チームは県内各地のグラウンドに分かれ1、2回戦112試合で熱戦を繰り広げる。23、27日で準々決勝までを行い、12月11日に同会場で準決勝、決勝を実施する。

 大会は一発勝負のトーナメントで激戦は必至。4年生以下が対象のジュニアの部は各地区の予選を勝ち抜いた64チームが出場し、12月3、4日の両日、日光市の丸山運動公園ほかで1次リーグ、ブロック別トーナメントで優勝を争う。
<記事全文を読む>