日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の村井満チェアマン(57)が14日夜、鳥栖市民文化会館で講演した。約1200人の聴衆を前に、Jリーグが取り組む育成強化などの改革について解説し、地域に根ざしたプロスポーツの役割と目指すべき姿を語った。

 村井氏は埼玉県川越市出身。早稲田大を卒業後、日本リクルートセンター(現リクルートホールディングス)に入社し、2008年にJリーグ理事、14年1月にチェアマンに就任した。プロ選手、指導者、クラブ経営者のいずれの経歴もない異色のチェアマンで、人材育成会社で培ったノウハウを生かし、Jリーグの改革を進めている。

 講演では、Jリーグのスター選手が次々に海外へ移籍す...    
<記事全文を読む>