障がい者アーティストの経済的自立を応援しようと初開催された「SOMPOパラリンアート・サッカーアートコンテスト」の47都道府県・神奈川県賞に、横浜市南区の浜田有子さん(41)の作品「蹴・走・魂しゅうそうだましい」が選ばれた。「これからも幅広い作品に挑戦したい」と意欲を燃やしている。

 障がい者自立推進機構の主催。サッカーをテーマに4~6月、絵画を全国から募集。1862点の応募があり、グランプリや都道府県ごとの優秀作など計71点が入賞した。

 発達障がいの浜田さんは就労継続支援の事業所で働きながら、「かぽとた」のペンネームで個展などを開いている。学生時代に引きこもりから脱するきっかけになった...    
<記事全文を読む>