2度目の招集となった鹿島の永木は「ある程度自分のプレーを分かってもらっている」と、代表の雰囲気に慣れた様子。「鹿島でやってきたことを出していきたい」と、この1年間の成果を発揮するつもりだ。代表への思いは人一倍強い。不動の地位を築いていた湘南から、出場機会が確約されていない鹿島に今季移籍したのも、代表に入るためにもうワンランク上の成長を望んだからだ。今季途中までは環境の違いから本来の力を出し切れずにいたが、リーグ終盤戦では元日本代表の小笠原を押しのけ先発の座を奪った。「ボランチ(守備的MF)は2人のバランスを考えながらやらないといけない」。自分の能力に頼るだけでなく、チーム全体を見渡せる...    
<記事全文を読む>