フットサルのバサジィ大分はFリーグ第18節第1日の6日、大阪市の住吉スポーツセンターでシュライカー大阪と対戦し0―9で敗れた。通算8勝2分け8敗(勝ち点26)で順位は暫定5位。

 大分は開始12秒で失点する苦しい立ち上がりだった。その後もパスミスや守備のズレなどが響いて前半だけで4失点。後半の立ち上がりは修正し、ボールを支配して押し込んだが、決定機を逃し、逆にカウンターなどで加点され、計9点を失った。

 大分は第19節第2日の13日午後1時から、別府市のべっぷアリーナでフウガドールすみだと対戦する。

 12秒で失点冷静さ欠く 「やるべきことを何一つできなかった。恥ずかしい試合をした」。吉武茂...    
<記事全文を読む>