サッカーJ3は20日、リーグ戦の全日程を終了した。栃木SCは2位につけJ2昇格を懸け入れ替え戦に挑む。リーグ中盤戦から14節間にわたり首位を維持しながら、終盤に勝ち点を伸ばせず、降格組同期の大分に自動昇格できる優勝を譲った。横山雄次(よこやまゆうじ)監督新体制の下スタートを切った約8カ月にわたるリーグ戦を振り返る。

 3バックの3-4-3システムでスタートした栃木SCの今季。スコアレスドローで開幕し、第2節は早くも初黒星と出遅れた。

 順位を13位に落とし、システムを昨季までの4-4-2に戻した第3節で初勝利を挙げたが、続く第4、5節で連敗。開幕5試合は1勝1分け3敗と、クラブが掲げる「1...    
<記事全文を読む>