三浦泰年監督は試合後の会見で自身の進退について語り、「現時点でクラブから具体的な話はない」とし、近日中にクラブ側と話す機会を持つ予定があることを明かした。

 セレモニー後にはサポーターから「ヤス、来季も頼むぞ」などと続投を望む声が相次いだ。指揮官は「結果を出せていないのに温かい言葉を掛けてくれることについては、感謝の気持ちでいっぱい」と笑顔を見せた。

 一方、1年でJ2に上がる目標の下で単年契約を結んだだけに、「昇格できなかった責任は全て監督の私にあると思っている。定められた契約がある中で、私が何か意思表示をすることは難しい」と複雑な胸中ものぞかせた。

...    
<記事全文を読む>