サッカー明治安田J3のブラウブリッツ秋田(BB秋田)後援会はJ2昇格に向けたサポートの一環として、スタジアム整備を県、秋田市に要望するための署名活動を行う。小畑宏介会長(43)が18日、県庁で会見し「20日に秋田市のあきぎんスタジアムで行われる今季最終戦から来年2月末まで、10万人を目標に署名を呼び掛ける」と語った。

 BB秋田は今季、参入3年目で初めて一時首位に立つなど躍進。J3首位でJ2に自動昇格、2位でJ2チームとの入れ替え戦に進出できるが、J2ライセンスがなければ、いずれも対象にならない。J2ライセンス取得には1万人以上収容のホームスタジアム、ホーム戦での平均入場者3千人以上が必...    
<記事全文を読む>