長野市は、サッカーのAC長野パルセイロのホームスタジアムとして使われている南長野運動公園総合球技場(長野市篠ノ井東福寺)の愛称を「長野Uスタジアム」に決めた。球技場を上空から見ると、観客席を覆う大屋根がU字形に見えることなどにちなんだ。市は18日の定例記者会見で発表する。

 市は球技場について、企業や商品などの名前を付けるネーミングライツ(命名権)の導入対象としてきたが、応募がなかったことに加え、愛称によって知名度やイメージを高める方が望ましいとして募集を中止。2020年東京五輪・パラリンピックに向け、球技場を生かしたサッカーの事前合宿の誘致も構想しており、広く発信できる愛称を8〜9月に...    
<記事全文を読む>