サッカーJ3鹿児島ユナイテッドFCのホーム最終戦が13日、鹿児島市の県立鴨池陸上競技場であり、今季最多の4975人が詰め掛けた。大声援を送り、今季参入したJリーグで3位と活躍する選手らをねぎらった。

 盛岡との試合は2-2で引き分けたが、後半にFW藤本憲明選手の2得点で一時逆転すると、歓声に包まれた。試合後は選手全員が「1年間ご声援ありがとうございました」の横断幕を手にグラウンドを1周。観客から温かい拍手が沸いた。

...    
<記事全文を読む>