サッカーJ3は13日、各地で第29節8試合を行い、5位のAC長野パルセイロは、栃木県グリーンスタジアムで首位の栃木と戦い、終了間際の多田の得点で1―0で競り勝った。AC長野は4位に浮上した。栃木は2位に後退、勝ち点58で並んだ大分が得失点差で首位に立った。

 AC長野は勝又をトップに据える3―4―3の布陣。前半32分、その勝又が左脚肉離れのアクシデントで、菅野が交代出場した。後半は30分すぎからコンハードと有永を投入。ロスタイム3分、右サイドの崩しからフリーの多田が右足で蹴り込んだ。

 AC長野は最終節の20日、長野市南長野運動公園総合球技場で3位鹿児島と戦う。AC長野は勝てば3位となる。...    
<記事全文を読む>