明治安田J3のカターレ富山(6位)は13日、セレッソ大阪U-23(10位)と対戦する。前節、琉球と引き分け、来季のJ2昇格はなくなった。だが今季は三浦泰年新監督の下で続けてきたパスサッカーが形になった場面は随所にあった。残り2試合の内容や結果も今季の戦い方を総括する上で欠かせない。来季への可能性が感じられる一戦を期待したい。

 富山は前節、琉球と1-1で引き分けた。後半に細かくパスをつなぐ鮮やかな連係からMF三上が先制ゴールを挙げたが、直後に追い付かれた。三浦監督は「残り2試合で、選手に今季何が宿ってきたのかが証明される。危機感を持って全力で臨む」と話し、重要な試合と位置づける。

 DF平...    
<記事全文を読む>