サッカーJ3・大分トリニータのFW高松大樹(35)が8日、今季限りで現役引退することを発表した。2000年に多々良学園高(山口)から大分入りし、数々の歴史を刻んできたチームの顔が、17年間(11年はF東京に期限付き移籍)のプロ生活に別れを告げる。

 8日午後、自身のブログでサポーターに報告し、大分フットボールクラブが発表した。9日に引退会見を開き、J3リーグ第29節のホーム最終戦(13日・大分銀行ドーム)で、サポーターに向けてあいさつする。今後は未定という。

 高松は「引退」のタイトルでブログを更新。「私、高松大樹は今シーズン限りで現役を引退します」と明かした。関係者、サポーターのおかげで...    
<記事全文を読む>