アスルクラロ沼津のJ3参入に向けて10月下旬、ホームスタジアムとする県営の愛鷹広域公園多目的競技場(沼津市)で行われた現地ヒアリング。Jリーグの木下由美子理事(55)が強調した。

 「J3で勢いがあるクラブは市や県とのタッグが強力で、一緒になってチーム力を上げている」 ホームタウンの沼津市は2016年度、広告料として沼津に100万円を補助し、クラブを応援するのぼり旗を市内に掲出する支援を展開している。沼津との共通ロゴマークの製作や、広報誌などを通した情報発信にも積極的だ。

 J2、J1とさらに上のカテゴリーを目指すのにスタジアム要件の壁は高い。行政による一層の支援は欠かせない要素の一つだ。...    
<記事全文を読む>