サッカーのJリーグは16日、都内で理事会を開き、日本フットボールリーグ(JFL)アスルクラロ沼津の来季Jリーグ3部(J3)入りを全会一致で正式に承認した。静岡県内のJリーグチームはJ1ジュビロ磐田、J2清水エスパルス、J3藤枝MYFCに次いで4クラブ目。県東部では初。

 村井満チェアマンは「経営陣のサッカーに対する見識が深く、スポンサーもしっかり支えている。大変期待している」と述べた。

 アスルクラロ沼津は13日のJFL最終節で、ファジアーノ岡山ネクストに勝利し、勝ち点59で年間通算順位3位となり、J3参入に必要な年間4位以内を達成。J3ライセンス取得、ホーム戦の平均観客動員2千人以上など...    
<記事全文を読む>