日本フットボールリーグ(JFL)のホンダFCは十三日、浜松市北区都田町の本田都田サッカー場で、ブリオベッカ浦安と第二ステージ最終戦を行い、2-1の逆転勝利で、同ステージ優勝を決めた。

 劇的な逆転勝ちに、スタンドも揺れた。1-1の同点で迎えた後半44分、左コーナーキックから、DF川嶋正之選手(30)が頭で、勝ち越しゴールを決め、粘る浦安を振り切った。

  ホンダにとっては苦しい一週間だった。六日のラインメール青森とのアウェーゲームの後、東京に移動。九日に東京・味の素スタジアムで天皇杯四回戦のFC東京戦を実施。さらに、十三日の浦安戦と続き、一週間に三試合の過密スケジュール。気力、体力を振り絞...    
<記事全文を読む>