日本フットボールリーグ(JFL)は13日、各地で最終節8試合を行った。栃木ウーヴァFCは青森県の八戸市多賀多目的運動場でヴァンラーレ八戸に1-2で敗れ、最終戦を白星で締めることができなかった。

 ウーヴァは1点を追う後半29分、FW若林学(わかばやしまなぶ)がゴールを決め、同点に追い付いた。しかし試合終了間際の同45分に勝ち越しゴールを許し力尽きた。

 ウーヴァの第2ステージは2勝13敗の勝ち点6、年間では5勝1分け24敗の勝ち点16でともに15位。JFLの上位チームの中からJ3に昇格するチームが出なければ、来季、ウーヴァは地域リーグに自動降格する。

...    
<記事全文を読む>