フットサルの全国リーグ・Fリーグは14日、第19節を町田市立総合体育館(東京都)で行い、浜松は町田に1-3で敗れた。

 前半は高い位置からボールを奪いにくる町田に対し、浜松は引き気味の位置からカウンターで得点を狙った。しかし、前半7分、10分と立て続けに失点。15分にコーナーキックを山元が右足で合わせ、1点差で折り返した。

 後半、浜松は数回訪れたチャンスを決めきれずにいると、11分に3失点目を喫した。残り5分からパワープレーで攻めたが、反撃できなかった。

...    
<記事全文を読む>