日本フットボールリーグ(JFL)は13日、各地で第2ステージ最終節を行った。アスルクラロ沼津は沼津市の愛鷹広域公園多目的競技場でファジアーノ岡山ネクストと対戦。3―1で沼津が勝ち、勝ち点59で年間順位3位が確定した。来季のJ3参入がほぼ確実となった。

 沼津は前半15分までに立て続けに2点を奪い、34分にもPKで加点した。後半に1点返されたが守り切った。

 吉田謙監督(46)「日々の積み重ねをぶつけ、J3参入を成し遂げられ、ほっとしている」と話した。Jリーグは16日に理事会を開き、沼津のJ3参入を承認する見通し。

...    
<記事全文を読む>