静岡県東部初のJリーグクラブを目指す日本フットボールリーグ(JFL)アスルクラロ沼津は最終節の13日、ホームの愛鷹広域公園多目的競技場でファジアーノ岡山ネクストと対戦する。来季のJ3参入に必要な年間順位4位以内を懸け、勝利に全力を挙げる。

 年間4位以内を争うのは沼津のほかにホンダFC、ホンダロック、FC大阪、ソニー仙台の4チーム。現在年間3位の沼津は岡山に勝利した上で、ホンダかロックが第2ステージ優勝すれば4位以内が確定する。しかし、仙台が第2ステージ優勝すると、2点差以上での勝利が必要となる場合もあり、吉田監督は「1年間の集大成。積み上げたものを真っ向勝負でぶつける」と力を込める。

 ...    
<記事全文を読む>