日本フットボールリーグ(JFL)のセカンドステージで首位に立っているホンダFC(浜松市)が6日、同ステージ第14節に臨む。勝利が前提で、他の上位チームの結果によっては同ステージ1位が確定する。

 同リーグは2ステージ制。両ステージの1位チームがチャンピオンシップで年間王者を決める。選手は4日、浜松市北区の都田サッカー場でセットプレーや試合形式の練習で連係を確認。その後対戦相手のラインメール青森の本拠地、青森県へ出発した。

 ファーストステージ6位に終わり巻き返しを誓いセカンドステージに臨んだ。主将のDF鈴木雄也選手とMF栗本広輝選手の攻守の軸に加えて、チーム得点王のFW原田開選手やベテラン...    
<記事全文を読む>