J2ロアッソ熊本は28日、MF高柳一誠(30)、GK金井大樹(29)、GK永井建成(21)、DF森川泰臣(22)の4選手と来季の契約を結ばない、と発表した。

 高柳は2014年シーズン途中にJ1神戸から期限付き移籍でロアッソ加入。完全移籍した昨季は、ボランチの主力としてリーグ戦35試合に出場。中盤の底で攻守のバランスを取りながら、試合を組み立てた。今季も序盤戦は先発を続けたが、後半戦で出番が減り、リーグ戦26試合で1得点だった。

 高柳はクラブを通じ、「約2年半、ロアッソのユニホームを着て皆さんとともに戦えたことを幸せに思います。ロアッソの躍進とJ1昇格を心より願っています」とコメントした...    
<記事全文を読む>