札幌は28日、MFの上里一将(30)、神田夢実(22)、DFの内山裕貴(21)、J3盛岡に期限付き移籍しているFWの工藤光輝(25)の4選手と来季の契約を結ばないことを発表した。

 上里は2004年、沖縄・宮古高から札幌に加入し、高精度の左足のキックを武器に活躍。11年にF東京、12年に徳島でプレーした後、13年に札幌へ復帰した。札幌ではリーグ戦通算258試合に出場し、20得点。今季は18試合無得点だった。上里は「長い間、コンサドーレというクラブでプレーできて幸せでした」とコメントした。

 神田は札幌U―18(18歳以下)から13年にトップチームへ昇格。札幌ではリーグ戦通算17試合無得点だ...    
<記事全文を読む>