J2ファジアーノ岡山は松本とのJ1昇格プレーオフ(PO)準決勝を翌日に控えた26日、岡山市の政田サッカー場で最終調整した。選手たちは時折、笑顔を見せるなどリラックスした雰囲気の中、約1時間半しっかり汗を流した。

 午前9時からの練習はセットプレーが中心で大部分が非公開で行われた。「できることは全てやった。あとはつかみ取るだけ」と長沢監督。敵地(長野県松本市)に乗り込む選手を見送るため、政田サッカー場には大勢のファンが訪れ、横断幕を掲げてエールを送る姿もあった。チームは午後、岡山を出発した。

 ファジアーノは初のPO進出を決めたリーグ最終戦(20日)でホーム平均入場者1万人を目指す「チャレン...    
<記事全文を読む>