札幌の運営会社「コンサドーレ」は25日、バドミントンのクラブチーム設立を発表した。コンサドーレがサッカー以外のチームを持つのは初めて。来月、入団セレクションを行って7人前後の初期選手を選抜、将来的に国内最高峰のS/Jリーグ(1部)参入を目指す。

 チーム名は「北海道コンサドーレ札幌バドミントンチーム」でユニホームはサッカーと同じく赤と黒が基調。下部組織や女子チームなどを運営する一般社団法人コンサドーレ北海道スポーツクラブ(三上大勝代表理事)が運営母体となる。

...    
<記事全文を読む>