サッカーJ2の松本山雅は24日、松本市のかりがねサッカー場で27日のJ1昇格プレーオフに向けて練習した。積雪のため、練習時間を午前から午後に変更し、一般には非公開で紅白戦などを行った。

 同サッカー場は約5センチの積雪。サッカー場を管理する市職員や松本山雅の反町監督らチームスタッフ、運営会社の社員を含めて約35人が、午前に人工芝のグラウンドで雪かきをして使える状態にした。

 練習は開始前から再び雪が舞い始めるなど厳しい冷え込みの中で実施。体を温めた後、縦の長さを短めに設定したグラウンドを使い、メンバーや陣形を変えながら約20分の紅白戦を2回行った。

 反町監督は「雪は昨日から予想できていたの...    
<記事全文を読む>