愛媛FCは24日、松山市本町1丁目の南海放送本町会館で、2016シーズンの報告会を開いた。行政や支援企業の関係者ら180人余りが参加し、選手らの健闘をねぎらい、来季に向けてエールを送った。

 愛媛FCの豊島吉博社長が10位に終わった今季を振り返り「目標としていたプレーオフ進出はならなかったが、選手たちは42試合全力で戦った」とあいさつ。愛媛FC・J1昇格サポート協議会の大塚岩男会長は「あと1点、あと一歩の部分を徹底して、体力、技術を磨いていってもらえたら」などと期待した。

...    
<記事全文を読む>