今季の最終成績を14位で終えたサッカーJ2のモンテディオ山形に関し、吉村美栄子知事は21日の定例記者会見で「欲を言えばもっと上(の順位)に行ってほしかった。県民に勇気、希望、活力を与える大事なスポーツで今後も上を目指してほしい」と来季のJ1昇格圏入りに期待を込めた。

 昨季のJ2降格の際、県などの株主は株式会社モンテディオ山形の社長を事実上解任した。今季成績を踏まえた対応を問われた吉村知事は「昨年は(J1)最下位で何も総括がないのはおかしい、と思うところもあった」と説明。石崎信弘監督が退任することを受け、今季は株主としてチーム側に要求する考えがないことを明らかにした。
<記事全文を読む>