サッカーJ3でリーグ優勝し、降格から1年でJ2復帰を果たした大分トリニータの優勝報告会が21日夜、大分市の大分銀行ドームであった。

 大分FCの榎徹社長が「優勝を報告できることが本当に幸せ。これからも大分になくてはならないクラブでありたい」とあいさつ。片野坂知宏監督が「声援してくれた皆さんのおかげで目標を達成できた。選手を褒めてやって」と話すと、詰め掛けた約1500人のサポーターから大きな拍手が湧き起こった。

 続いてDF山岸智主将が「来季は今季以上に厳しい戦いになるが、しっかり勝っていきたい。応援をお願いします」と呼び掛け、今季限りで引退するFW高松大樹が「17年間ありがとうございました...    
<記事全文を読む>