大分トリニータの片野坂知宏監督と選手らが21日、県庁を訪れ、広瀬勝貞知事にJ3リーグ制覇と、1年でのJ2復帰を報告した。

 大分FCの榎徹社長が、再昇格を果たした今季の戦いぶりを報告。片野坂監督が「大変な1年だったが、選手たちは戦いながら成長してくれた」と振り返り、山岸智主将が「目標を達成できた。来季に向けて、さらに頑張りたい」と抱負を語った。

 サイン入りボールを贈られた広瀬知事は「試合を重ねるごとに強さを増し、県民に勇気と元気をくれた。J2でのさらなる活躍を期待します」とねぎらった。

 片野坂監督らは大分市役所を訪ね、佐藤樹一郎市長にも報告した。佐藤市長は「J2でも旋風を巻き起こし、地域...    
<記事全文を読む>