クラブ史上初めてJ2降格が決まった2015年。社長の左伴繁雄や強化部は戦力の「継続路線」を打ち出し、主力の慰留に努めた。一方で首脳陣は刷新。監督に、大分トリニータなど3クラブをJ1に導いた小林伸二を招聘(しょうへい)した。

 エスパルスは2016年1月期決算で2期ぶりに赤字に転じた。今後のスポンサー確保のためにも「1年でJ1復帰」は必ず成し遂げなければならないミッションだった。昨季途中に獲得したDF角田誠と元北朝鮮代表FW鄭大世に加え、GK西部洋平も今季から6年ぶりに清水に戻った。J2の戦いを熟知した指揮官と、経験豊富な選手を軸に昇格レースに挑んだ。

 小林監督がチームづくりで重要視したの...    
<記事全文を読む>