J2千葉の長谷部監督代行が今季限りで退任することが21日、本人などへの取材で分かった。同日中に退任の旨を自ら選手にも通達したという。また、クラブ側はコーチとしてチームへの残留を打診している。

 千葉はリーグ途中の7月25日、チームを約2年間率いた関塚隆前監督を成績不振により解任。コーチだった長谷部氏が代行として監督を務め、同月31日の第26節横浜FC戦から指揮を執っていた。「J1昇格プレーオフ出場」を目標としたが、J2初の4連敗を喫するなど、第26節以降は5勝7敗5分。過去最低の11位で20日にシーズンを終えた。

 長谷部氏はJリーグトップチームでの監督は初めてだった。「チームを変えるのは...    
<記事全文を読む>