明治安田J2最終節は20日、各地で11試合が行われ、徳島ヴォルティスは鳴門ポカリスエットスタジアムで2位の清水に1-2で敗れ、9位で今季を終えた。4連勝を逃し、通算成績は16勝9分け17敗の勝ち点57。入場者数は今季ホーム戦最多の9767人だった。首位の札幌が金沢と0-0で引き分けて勝ち点を85として優勝を決め、徳島を下して9連勝で84として2位を守った清水とともに来季のJ1昇格が決定した。札幌は5季ぶり、清水は2季ぶりとなる。松本は横浜FCを退けて84としたが、得失点差で3位となって、昇格プレーオフ(PO)に回った。残り1枠を争う昇格POは27日の準決勝で松本と6位の岡山、4位C大阪...    
<記事全文を読む>