サッカーJ2のファジアーノ岡山は20日、岡山市のシティライトスタジアムでリーグ最終戦に臨み、群馬と3―3で引き分け6位を死守、初のJ1昇格プレーオフ(PO)進出を決めた。

 ファジアーノは前半、DF岩政の先制点やFW押谷の2得点で3―0とリードしたものの、前半終了間際に1点を返され、後半にも2失点し追い付かれた。勝ち点65(17勝14分け11敗)で7位町田に並ばれたが、得失点差で上回った。

 ファジアーノは今季、堅守をベースに得意のセットプレーなどで得点を重ね、開幕から着実に勝ち点を積み上げた。最終盤は8試合白星がなく苦しんだが、POに進出できる6位以内に踏みとどまった。

 POは3~6位の...    
<記事全文を読む>